酒は良いもの体調不良ではありません。ビールは適当に飲んで、健康で健康にいいます。

アメリカの栄養専門家は発見して、よく性、中程度のビール摂取——即ち毎日いち~にカップ(350 ml)ビール、男性と女性のため、特にあなたが直面老化や部下の最も一般的疾病の悩み.以下7つのあなたの夢の利益、ビールはすべてあなたにもたらします.健康健康:大量の研究は、適度な飲酒、ビール、心臓病の危険性が低下します.その生き方を健康な男性により、適度な飲酒者禁酒者の心臓発作のリスクを下げることで、40~60%.血管を保護:●適量飲めビールの高血圧の男性患者、その緻菊と非緻死性心臓発作のリスクが低減.適度にビールを飲むことで、血栓予防、虚血性脳卒中予防にも役立ちます.糖尿病のリスク:研究によると、糖尿病人が中に飲酒して最大のキラーが減少するリスクが減少します.研究は、飲酒はインスリンの敏感性あるいは消炎作用を増加することを増加します.●認知能力:ビールは脳に対して役に立つのか?答えはきっと.2006年には『アメリカ心臓協会雑誌』に掲載され、適量飲酒は女性により良い認知能力を得ることができるという報告がある.ゆがんだ釜にゆがんだ甑、2003年に出版された『アメリカ医学会雑誌」での研究によると、65歳以上の高齢者の人は週1-6杯飲むアルコール飲料、禁酒,体調不良、アルコール依存症に比べ,認知症のリスクが低い.●骨格強壮:研究によると、ビールは予防骨の流れと再建骨量の上の効果を発揮する男性が、若い女性、更年期の後の女性は気付かないの利点.発表によると、可能性は飲み物の中でケイ素含有量が高い.しかし、飲酒、骨折の確率が大きく増加します.活力を維持:●適度な飲酒と総死亡率が逆に間の連絡,毎日飲むいち~に杯の酒の人、死亡のリスクは最低で、これは、ビールから心臓病や脳卒中の予防作用.より健康:疫学とコミュニティ衛生雑誌」についての研究結果によると、ビールを飲む人は禁酒人よりも病気になり、自己感覚もよいと感じます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です