男性によくある泌尿体調不良科疾患

は泌尿器科の患者群の中で、男性が約7割、女性は3割、男性の患者では、赤ちゃんは翁カバー.しかし、年齢層の違い、疾病の種類も異なっています.

で生まれたての赤ちゃんは、比較的によくある問題は隐睾症や尿道下裂があり、年齢の増加に従って、臨床の上で陰嚢のむくみ、ヘルニアや包皮の炎症の問題はよく見つけた.

は思春期に入った後、よくあるのは包皮切除、精静脈瘤、心理上の戸惑い、彎曲の長短、曲げとオナニーの問題です.

靑年は、上記の疾病のほか、尿路感染や尿路の結石の問題、性関係の影響、尿路感染と性病は増えている.

Pは,2つのピーク時、27歳前後、別の50歳ぐらい、尿結石の患者、半分は若い人です.また、金玉癌、この病気はよくありませんが,主に若い人、若い人の睾丸には別状、油断ならない.

は中年の人が、続々と撮影護腺炎、膀胱がんや、性の機能の障害の問題が発生し、高齢者を、前立腺肥大、性の機能の障害、前立腺がんや様々ながんは、比較的に主要な問題.

P以上は各年齢層に、ありふれた病気が.以下はありふれた病気を紹介します:

隐睾症:男性の睾丸最初は後腹腔の形成、胚期第三ヶ月後、やっと、腹腔の壁につれて徐々に減少睾丸のストラップ鼠蹊;胚期第七ヶ月を抜けて、鼠径部、胎児の第九ヶ月後に陰嚢.もし睾丸の低下の過程で、途中で足踏みや未予定の経路に走って陰嚢以外の場所は、その内侧の陰嚢は睾丸、すなわち隐睾症、一般的に未熟児が発生しやすく隐睾症.出生後1年、睾丸はまた機会が更に下がる機会があって、これから比較的に少ない.この未低下の睾丸と睾丸がんや不妊症は密接な関係にあり、一般アドバイスは、2歳時手術には睾丸固定陰嚢の内に.

に属する尿道下裂があり:1種の先天性欠陥、尿道の発育や性別の分化、より胚第8週間,体調不良、第十五週間時完成.ペニスの部分の尿道は尿道皱摺形成、さらに広がるペニスの端の冠状溝、亀頭部の尿道は亀頭に形成して尿道皱摺管とつながって、接不全の結果を形成するのが尿道下裂があり、小さい友達ない前に排尿射、陰莖を曲げ、以後に小さい友達排尿困難や、成長した後に性交する困難、治療の方法は手術.

Pは、男性性器の亀頭部と完全に包皮に包まれている様子;長すぎる包皮は亀頭として粘る、亀頭があらわれない時には.普通は赤ちゃんの幼児はすべてよく包皮包皮を持って、亀頭亀頭と尿道の口の作用を保護することができて、しかし思春期後、包皮は亀頭亀頭の冠状溝の後ろに下がることができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です