歯科専門家は、体調不良歯磨き前歯ブラシは水をつけないように提案してください

选歯ブラシを選ばない済南市軟毛の口腔病院副院長张运奎によると、現在、人々が選択歯ブラシの1つの落とし穴と柔らかい素材、歯ブラシほど良くないこの傷つけやすい歯ぐき.実はさもなくば、軟毛歯ブラシで歯を磨く時力を身につけてよくない、ブラシは軽すぎると、口の中の食べ物の殘りかすや細菌を除去しにくくて、力を入れすぎ、歯ぐきが損傷、歯ブラシの使用寿命を短く.歯ぐきの大多数は、歯ブラシを使って長くて、形が不規則で、やっとつんざく歯ぐきやすい.そして軟毛歯ブラシより変形しやすいため、提案、軟毛歯ブラシを選択しないほうがいい.私たちの歯ぐきはそんなに弱み.一般的には、選択毛ソフト硬度中等、ブラシの小さい歯ブラシは比較的に適当な歯ブラシ頭は幅:成人一般を超えないよんしよ列,児童を超えない毛の長さの最初の列さん、2 – 3:一般に覆われて歯の顔、容易に歯を磨く時ある.また、歯ブラシの臼はおじけづいての処理が重要.刷毛は切断後、円滑に処理しない場合、鋭く鋭い口腔を傷つけやすい.歯ブラシは3つの月に1度取り替えて、でなければ、毛は細菌を溜まりやすく、口腔健康にもなりやすい.歯を磨いて、歯を磨いて、歯を磨いて、正しい歯磨き方法を身につけて、清潔な口腔の目的を達成することができます.歯を磨いて普通はすべて採用縦刷法、すなわち歯を磨くの内、出かける時、毛と歯の長軸平行して、毛を指して歯莖,加圧、歯間ブラシ方向に向けて、上の歯に上から下をこすって、ブラシで歯に下から上へブラシ.歯の咬合面では、横短いブラシ法でもっと清潔に、一定のストレスをプラスし、歯ブラシ毛の先端が咬合の巢に入り、歯の弓の方向水平運動に沿って.また、歯列に最も末端歯の末端軸面、つまりのどに近づく半面、歯ブラシ頭はなるべく中に入れ、回転して頭を回転させます.歯と歯ぐきの境界部を清潔にする時、少し使う力、同じ部位に5~6回繰り返して繰り返して.フッ素の良質な歯磨きの歯磨きの基本的な機能は歯と虫歯予防に予防して、張院長は言い、この2時は歯みがきの主要な根拠を選択するのです.まず清潔な歯については、歯磨きによっての摩擦剤によって選択するべきです.歯磨きは摩擦によって歯を清潔にするので、摩擦剤の品質は歯みがき質の主要な根拠を見分けて.違う摩擦剤は粗程度に大きな違いがある.高級シリコン磨擦剤は現在最高の摩擦剤.アメリカ歯科歯科学会実験室のテスト結果は:粗摩擦剤に歯の摩耗度は高級シリコンの3倍多く.歯磨きの摩擦剤を見分けることができますか?いち.見ペーストの様子を、ペーストがきめ細かくてつるつるして、通常は高級シリコン作摩擦剤、安心に歯を磨いて;.の食感:感じたらざら砂の粒のように口の中で何度も必要滯在、うがいは、多くは粗磨擦剤の練り歯磨きをくわえて、提案に停止,体調不良、次は防虫効果によって選択の歯磨き粉、すなわち選択フッ素の練り歯磨きをくわえ.多くの人は歯を磨いた時、習慣性に先に歯ブラシを浸してから、歯みがきをつけて、歯みがきをつけていました.記者は普段、歯を磨いて、そうです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です