内臓を強くする健胃どの体調不良方法良い食方法が一番頼りになる

ご存知のように、健康な体を持ち得るものとは普通で、人々の生活の中でもし好みの問題であったのなら,そのが感染が多いため、内臓を強くする健胃の病気はみんな普段養生に注意したところに追加.

1 .きな粉煮込み豚足

豚足は300グラム、大豆100グラム.

生姜、ネギは各10グラム、塩、味の塩、砂糖、コショウ粉とクコの各少々.

は、新鮮な豚足は、毛をきれいに洗って、切って、ダイズは水泡に透、ショウガは切片、ネギは切花.土鍋で水に入れ、姜片、豚足の塊、ダイズ、クコの実、強火で煮る開、火さんじゅう分煮るので、そこに塩、化学調味料、白砂糖味付け.最後に胡椒粉、ねぎを入れてもいい.

この料理は血気を補って、コラーゲンに富んで、美肌に対してきっと一定の効果を持つことができます.

山芋煮込む

2 .山芋煮込みガモ

P材料:鴨250グラム、山芋100グラム、ナツメ、クコの各少々.

調味料:ネギ、ショウガ、八角,花椒、ローリエ、陳皮、醸造酒、砂糖、塩、胡椒の粉はそれぞれ適量.

鴨を洗った後に、角切り、冷水で煮,体調不良、火をつけて鴨、冷水で2~3回洗い流して.鍋に水を入れてプラス、鴨肉、葱段、姜片、八角、花椒、ローリエ、陳皮、醸造酒.大焼には火をつけた後に、中小の火で50分煮込み.氷砂糖の塩味、氷砂糖、山芋、ナツメ、クコ、さらに10分煮込み.鍋にこしょうをプラスします.

山芋:山芋は多種の栄養素を含んで、強健機体、滋腎臓の益の精の効果を含んでいます.

「Pは五味に、脾は甘いです.甘入脾というのは、甘い食べ物は気血、補充カロリー、疲労回復、養生の解毒効果.

p>食甘いこと<気血、補充熱量、解除疲労、養生の解毒が、糖尿病、肥満症や心臓血管病患者が少ない食.甘味のある食べ物は肉の歩き方、お好みで.子供が特に好き飴、説明は脾臓のびくびくする.病気になると、甘い食べ物と脂っこい食品を食べて、脾に代謝が増加し、脾がさらに疲れます.ただし、甘味食品は栄養、丈夫な体、痛みの緩和作用を緩和する.疲労と胃の痛みは、試してみることができます.

飲食の上で、臓腑はそれぞれ自分の好み、声もよく読むように、ふっの字を治脾病.

本仕事の原理は脾臓のびくびくする落ち込むや脾臓のびくびくすると消化不良有効.

"p "练習"は、"と"字の功の場合、撮、唇の筒は、舌は平、微巻、力を入れ、前に伸.この口形アクション、牽引衝脈上りの气喷輸出のほか、あふれるのマイクロ波は侵入心経し、サインに沿って達する小指少ない衝穴.十二経の常軌によると、血気は全身が満ちている.注意するのは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です