体調不良を石が同好

泌尿、泌尿道はどのようにするべきですか?結石処理方式は、自然に排出されるか、その打ち砕く、取り出して、適当な方法を選びますか?砕石方法はあれらがありますか?一般に:結石に0.6-0.7センチほど小さい時に、大量の水を飲んで治療の下で、90パーセントを自動的に体外を排除.

結石が下記の場合は積極的に治療が必要で、例えば石カード体内から渋滯による水腎症を引き起こしたり、よく尿路感染症を引き起こす、あるいは激しい腎疝痛、鎮痛薬物治療は無効で、あるいは結石による深刻血尿などの場合に、痛み、出血や結石でない排出状況下で手術を受けなければならない.

砕石の方法は化学の薬物の溶解する結石と機械の原理を溶かして、石の二種類を打ち砕くます.化学は薬の治療を希望結石由大変小は小さいが、ない、最後に化の無形;その中、経口避妊薬の効果は最低、通常はX光と超音波測位の下で、皮膚を利用し廔術を経てパイプ、腎臓にまで、灌漑の化学薬品、炭酸水素ナトリウムTHAMなど、溶液は、結石に溶けてく時間がかかるが、必要が長くて、かなりない経済の方法.

は、機械的な原理で砕石、1本のパイプを使って石の中に入れて、また各種の砂利法を使って砕石の、利用の砕石法は以下の種類に分けられます.

砕石鋏1 .砕石バサミ1 .を利用すると、石が割れて取り出したり脱出したり,体調不良、通常は石で2センチ、または膀胱結石の病気になります.

2 .息式砕石機、空気圧縮振動で1本の金属針、再び衝突する石、石を砕く後再び脱出、取り出して、自然に排出させる.

さん.水衝撃波砕石機、利用電撃棒に両極の物理原理を経て,水の伝導発生衝撃波を脱出する石震割れ、体外を排除.

超音波砕石機、超音波振動を利用して石の中で吸い出し吸い出し、またはそれより小さい砂利になったら自ら排出する.

p> <ご.レーザー砕石術機を経て、染料レーザー、低出力レーザー発生衝撃波を利用し、レーザ管石を粉砕し、排出し、通常は尿管結石の病人.

ろく.体外衝撃波砕石機、レントゲン、超音波位の下、利用両極放電した後に発生の衝撃波、一点に集中し、2の楕円の反射器、反射の強烈な衝撃波を経て、皮膚に尿管、腎臓結石カ所のに達し、石の目的を砕く.

とにかく

につれて、医療技術の進歩と機器、結石の処理はツイ陈布新、各類の小石のその美点と欠点を,使用には人によって、だから、結石の病気はまずに備えてこの方面の常識のほか、もとあなたの泌尿器科医師の緊密な協力と討論を探し出し自分の最も良い治療モード.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です