不感症の豆知識・女性健康サポート

不感症(ふかんしょう)とは、性的な刺激に対して何の興奮も覚えないことです。もしくは何らかの事象に対して、何の感情的な反応もわかないことを指しています。特に感情の動物であるところの人間にして、外的な刺激に対して人間らしい反応が無い場合に、「病的である」として、このように表現する場合があります。

原因
不感症の原因は、精神的な問題と神経生理学的な問題に分けられます。両者が密接に関係して起こる場合もあります。男性の場合は性的刺激に反応しない(勃起障害)や射精が行われない(極端な遅漏)といった問題、女性の場合は性的刺激で興奮しない・オーガズムに達しないものだと一般に言われています。

1.女性器自体に問題がある
例えば:「子宮内膜症などの病気があるので、挿入すると激しい痛みを感じてしまう。」、「小陰唇が十分に開かずに、痛みだけを感じてしまう。」などの問題がある場合、治すのは改善されます。

2.自分自身問題がなかったけど、感じがない
例えば:「最初には感じがあったけど、どんどんなくなってしまった。」、「最初のは良く濡れたけど、次第に潤いが無くなり、痛みが来ました。」

タイプ
1.性嫌悪症
こっちのはセックスが嫌で、また体に触れられるのも嫌です。

2.性興奮障害

3.オーガズム障害
これはセックスで一度もオーガズムを感じがないということです。これは不感症の体表タイプで、セックスしても、快感がかんじがないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です