どの体調不良ような原因は失明治療治療をして失明することができる3種類の方法をもたらします

の生活の中で、もし私たちの目は突然現れた何も見えないの場合、この可能性は失明した、したがって、出現失明の状況を、みんな早くの治この病気は,まず明らかにその原因を採用し、相応の方法で治治療.

人失明の要因に三分の二は明後日による、中二から4割は明後日の疾病、4は意外によると、職業災害など;また、は2割3が先天遺伝や病変視力を失う危険.

調査によると、4割の二者の失明の原因は明後日の疾病、中には10パーセント. 5から熱による感染や失明、8 . 75パーセントからは網膜剥離と病変、2 . 5%から緑内障、百分の7から視神経疾患.

によっては研究し発見して、失明の発生時間リスクが最も高かったのは乳幼児期には、もう靑少年期や児童期を招き、失明の原因は先天遺伝や病変や、あさっての疾病と意外.

交通事故は、失明の重要な原因が発生し、高い割合の年齢層は16歳から20歳、26歳から35歳)の間に至っては、労働災害割合最多の時期は二十歳~40歳の間に.

Pは老人であり、可能性が高い、トラコーマ、白内障などは失明と視力障害の主な原因となっている.

P治療法:

治療方法:

p> <いち、TTT

これは数年近く発展してきたレーザー治療法です.これは半導体レーザから発生した熱で、瞳に異常な新生血管を使って治療の目的を達成しているということです.TTTは生まれた局部伝統レーザー光凝固温度以下,週囲の正常な組織損傷も小さいが、しかしTTT局部正常組織にも損傷し、そして制御できない必要照射時間臨界点.同様に、TTTもふさわしくないに黄斑中心窩の病変の治療.

に、PDT

それは光敏剂

を静脈注入血流循環に薬物網膜に更に非熱励起レーザー治療に続いて光敏剂、破壊を異常な血管新生.PDT治療に使われる加齢黄斑変性による脈絡膜新生血管、特に中心窩の下の脈絡膜新生血管が、これまで正常組織損傷を最小のレーザー治療方法.

P3,体調不良、レーザー光凝固<P>レーザーは、臨床に応用数年になりました.一般的には、アルゴンレーザが発生した熱エネルギーを採用、黄斑ゾーン異常新生血管及び滲む点及び新生血管の発生.レーザーは有効に閉じ血管滲出とするが、阻止できない新しい新生血管の形成に適して;のみでの治療に使われる病変黄斑中心窩のほかの病変、黄斑中心窩の採用できないレーザー光凝固.

の方法はすべてその方法がすべてある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です